誓願寺宝物(毘沙門天立像)美術館出展のお知らせ/誓願寺からのお知らせの詳細ページ/浄土宗西山深草派 総本山 誓願寺


 


 

誓願寺宝物(毘沙門天立像)美術館出展のお知らせ


誓願寺宝物(毘沙門天立像)美術館出展のお知らせ


誓願寺宝物(毘沙門天立像)美術館出展のお知らせの画像1


 


 

誓願寺の宝物である毘沙門天立像(重要文化財)が、この度三井記念美術館に出展される運びとなりました。
平時は京都国立博物館に寄託されており、一般に公開される機会はほとんどございません。
実物を目にすることができる大変貴重な機会ですので、是非訪館下さい。

【展覧会詳細】
展覧会名:特別展『「仏像の姿」~微笑む・飾る・踊る~』

開催場所:三井記念美術館(東京都中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7階)

会  期:平成30年9月15日(土)~11月25日(日)

※内容の詳細は以下、三井記念美術館公式HPよりご確認下さい。
 http://www.mitsui-museum.jp/index.html

【毘沙門天立像について】
誓願寺所蔵 国重要文化財

「多聞天(たもんてん)」とも呼び、北方を司る仏法の守護神である。
『誓願寺縁起』によると、平安時代に西国に名を馳せた盗賊が、捕まって斬られようとした時、
かつて誓願寺本尊を信仰していた功徳により、刀が折れて助かったという。
その後、盗賊は改心出家して常慶(じょうけい)上人となり、一刀三礼して毘沙門天を彫刻し、
誓願寺に安置したと伝えられる。

 


 

前へ

次へ

 



 

 

前の画面に戻る


 

Tweet 


 

 

twitter area seigan_ji

 

 


 

 ※ただ今関連ツイートはございません。

 


※マッチパターン : 誓願寺宝物[AND]毘沙門天立像[AND]美術館出展

 

facebook area